自社株

自社株買いとは、別名 自己株取得ともいい、その名の通り、自社の株を買う事を指します。資本効率を表す指標は株主資本利益率(ROE〈Return On Equity〉)を使うのが一般的です。財源という目的を限定した形で認められたのが1994年。

ROEとは株主資本を効率的に利益を上げたかを示す指標です。以前までは自社株買いは債権者保護の立場から原則的に禁止されていました。自社株消却(株式消却)やストックオプションの付与等目的が制限されていました。買い戻しには上限があり、会社の情勢によっては変更もありえます。

ROEが上昇するには利益が資本を上回らなくてはいけません。配当の場合はすべての株主が現金で受け取れますが、自社株買いは現金化するか選択できます。自社株式取得(自社株買い)を行うにあたって多くを占める理由は、資本効率の改善をし、株主利益を増やすことです。投資家が投資判断の適否を決めるときに参考にするのはROEや1株あたりの利益です。

2003年の9月以降は株主総会での定款変更によって一定の財源の範囲内ではありますが、取締役会で自社株買いの時期や量を決められるようになりました。過去に発行した自社株を買い戻し、自社株を利益等で消却することにより『バランスシートの圧縮』や『株主への利益配分』に繋がります。しかし、2001年以降は商法改正により、目的を定めず金庫株として保有できるようになりました。

----PR-----------------------------
FXで負け続けているあなたに朗報!

●なぜ、95%の人は勝てないのか?
●生きたプロの生しいトレードを真似る方法とは?
勝つために必要な”自分ルール”の決め方とは?

FXで勝つための方法
期間限定
無料プレゼント中!

詳しくはこちらをクリック!
-----------------------------------
ファイル転送ソフト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。