米国株

アメリカの相場は日本の相場を映す鏡だと言われています。米国株の売買方式は、ニューヨーク証券市場が東証と同じ「オークション方式」を、ナスダックは「マーケットメイク制」を採用しています。米国の株式市場ではワールドワイドに事業を展開している優良企業が多く、世界中の投資家の注目の的。当然、日本人投資家も数多くいます。

インターネット証券の登場で、日本人投資家の米国株への視線は、ますます熱いものになっています。アメリカのインターネット証券に口座を開設することもできますが、こちらは英語力が必要になりますのでご注意を。実際には日本でだけ株式取引をしているのに、ニューヨーク証券取引所やナスダックの動向をチェックしている人も少なくありません。

インターネット証券を利用する場合なら、日本株も米国株も大差はありません。口座を開設する際には「W−8WEN(アメリカ非住居者登録)」を行いますが、手続き自体は専用の用紙数枚に記入するだけのものです。銘柄ごとに存在するマーケットメイカーの提示条件に合えば売買できます。

米国の株式市場の規模はとても大きく、世界の株式市場時価総額の約半分を占めているのが現状です。米国の株式市場には日本のストップ高、ストップ安のような値幅制限がありません。日本の市場よりもアグレッシブな株取引を楽しめるのです。

----PR-----------------------------
FXで負け続けているあなたに朗報!

●なぜ、95%の人は勝てないのか?
●生きたプロの生しいトレードを真似る方法とは?
勝つために必要な”自分ルール”の決め方とは?

FXで勝つための方法
期間限定
無料プレゼント中!

詳しくはこちらをクリック!
-----------------------------------
ファイル転送ソフト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。